てくてく「波多野真悠」表紙原画展〜11/30〜12/8

長野県のアトリエDEFさん編集の小冊子「てくてく」。その表紙の絵を描いている「波多野真悠」さんの原画展が有機村店内で開催中です。やさしいふんわりとしたパステル画が印象的。沢山の方にご覧いただきたいと思います。どうぞお立ち寄りください。
d0100557_19214355.jpg

てくてく「波多野真悠」表紙原画展

日時:11月30日(土)〜12月8日(日)10時〜19時(日曜日は18時まで)
会場:有機村

d0100557_1923799.jpg

てくてくの表紙をめくると
「ことづて」があります。
これは、毎号のテーマを伝える詩です。

「命」「育む」「循環」「伝える」・・・
大切にしていたいことを心にとめて、
わたしたちはてくてくをつくっています。

一冊一冊に
「ことづて」は生まれ
表紙の絵も、テーマを心に
浮かべながら描いています。

てくてくにのせたメッセージを集めてみました。
展示している絵と一緒に
ご覧いただけたらと思います。

ことづて 北尾みのり
絵    波多野真悠



---アトリエDEF---
100年200年と永く住み継がれる家を造っています。
確かな技術を持つ職人と、それを裏付ける構造計算や強度実験、温熱共同研究。
住まう人の安心と安全があってこそ、
本当に豊かな暮らしを手間暇かけて楽しむことができると考えています。

自然の恵みを受け、お返しし、そして住む人の心やからだや絆を育む家づくり。
環境と共存して、人も一緒に成長できる家。そんな家をつくっています。
他、かまど作りや藁の鍋敷き作りのワークショップなどを通して、土や自然素材に触れる楽しさを提案。有機村でも不定期で開催。
[PR]
by event_repo | 2013-11-30 19:23 | 有機村 展示会


<< 榎本合歓さんの器展 【説明試食会】脱電子レンジ!パ... >>