【個展】榎本合歓の器展〜12/5-6

大好評!「榎本合歓の器展」を有機村で開催します。
安心安全な土と藁や野草などの釉薬を使った、合歓さんの器。安全な食べ物と安全な器にこだわる作家さんです。マクロビオティックの陰性、陽性を考えた器を制作。普段使いからおもてなしにと幅広く使え、ご飯やおかずが一段とおいしくなる不思議な器。エネルギーの高い器は、多くのファンに支持されています。器を使う人の体質などを見て、その方に合った器を選んでいただけます。会場で繰り広げられる、合歓さん本人のトークも魅力!ぜひ足をお運びいただき、器や合歓さんの温かい人柄に触れてください。
d0100557_14521354.jpg

榎本合歓の器展

[日時]2013年12月5日(木)6日(金)の2日間 10時~19時
[会場]有機村 イベントスペース
[お問い合わせ]有機村 055-222-1872

どうぞお誘い合わせの上ご来場ください。お待ちしております。
d0100557_14523242.jpg
こちら話題の塩壺。中に入れた塩の害が抜けて、さらさらとしてくるそうです。

[榎本合歓プロフィール]

榎本さんは東京出身。大学卒業後、愛知県瀬戸市の窯業訓練校で学ぶ。約15年前、磯部町三ヶ所に倒炎式まき窯を自ら築き作陶活動を続けている。志摩地方に移り住んだのは、窯の燃料となる黒松が豊富なため。倒炎式まき窯は、左右二つのたき口から上る炎が天井で一緒になり下方へ下り、約1300度の高温で作品を焼き締めることができるという。作品が炎に触れ、灰が溶けて自然の上薬になり、独特の味わいを出しているのが特徴。花入れ、湯飲み、黒と白の土を練り込み、志摩の海と空をイメージしたつぼなどが並ぶ。榎本さんは「潤いや安らぎを与える作品を作りたい」と話している。(中日新聞記事より)
[PR]
by event_repo | 2013-11-29 15:06 | 有機村 展示会


<< 【説明試食会】脱電子レンジ!パ... 本格パキスタンカレー試食会 >>